今回は、非常に画期的な製品を取り上げる。なんと、パソコンのキーボードでiPhoneの文字入力ができてしまうのだ。僕のようにパソコンを持ち歩く機会が多いユーザーなら、まさに膝をたたきたくなる製品と言えるだろう。これさえあれば、外付けキーボードを持ち歩く必要がなくなるのだ。メーカーは、隙間狙いの商品に関しては敵無しといっても過言ではないプリンストンテクノロジーだ。

 紹介するのは「デジ操 PSC-RS」で、iPhoneやスマホ用だ。もちろん、iPadでも使えるだろう。別途、タブレット用、パソコン用のパッケージも用意されている。

 製品自体は、小さなUSBメモリーと似たようなサイズで、パソコンに挿入して利用する。外出先でも使いたいので、常備していないと意味がないのだが、パソコンに挿しっぱなしにするわけにもいかない。スマホのストラップに下げるか、キーホルダーなどに付けておくのが現実的な持ち歩き方だ。ちなみに、製品には穴が空いているので、ストラップなどに下げるのも簡単だ。

 素晴らしいのが、WindowsとMacの両方に対応すること。つまり、パソコンの側はほとんど機種を選ばないのだ。また、専用ソフトのインストールも不要。デジ操のメモリーに保存されているツールを起動して利用できるのだ。

 自宅でA4ノート、出先はモバイルPCと使い分けているユーザーでも、両方に利用できるはずだ。

[画像のクリックで拡大表示]

「デジ操」は、小さなUSBメモリーといったサイズのBluetooth HIDアダプターだ。
[画像のクリックで拡大表示]

パソコンに挿し込むとそれなりに飛び出すので、装着したまま持ち歩くわけにはいかない。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら