時代の変化か、F1の地上波放送がBSに移動…

 そろそろ暖かくなってきた。モータースポーツの季節が巡ってくる。モータースポーツの最高峰、F1(フォーミュラワン)が始まる頃だな、と思っている人も多いだろうが、今までF1を長いこと放送してきたフジテレビが何のCMもせず静かなことにお気付きだろうか。

 実は今年、F1の地上波放送は取りやめになった。アイルトン・セナが活躍していた頃とか、非常に人気があった頃は、地上波放送をゴールデンタイムにやってたような記憶があるけれど、この十年来は夜中12時ごろに追いやられていた。ところがさらに、それもとうとうなくなってしまった、というわけ。台所事情ほかさまざまな事情で、フジテレビも今回の決断に至ったのであろう。

 もちろんCSの有料放送での全セッション生放送はあって、本当に好きな人はそちらで見るため手段は確保されている。ただ、お金を出して生放送を観るほどではないけれど、日曜の夜中、地上波でのF1の決勝観戦を楽しみにしていた人はちょっと困るかも。

 モータースポーツファンの筆者は、地上波の番組も、CS放送の番組も、両方見てきた。今までのF1地上波放送がどういうものかと言えば、元F1ドライバーやタレントなどを並べて、一般の人にも分かりやすいよう、チームやドライバーのキャラを強調したり、日本のチームやドライバーを盛り上げたり、かなり派手だった。CS視聴組はそれらの誇張に顔をしかめる人もいたけれど、まあそれなりに楽しめた。

 とは言え、地上波放送の取りやめで、無料で見る手段が閉ざされてしまったわけではない。代わりに、BSの無料放送である「BSフジ」での放送が始まった。

図1 フジテレビ系で地上波からBSにその場を移したF1中継の公式ページ
[画像のクリックで拡大表示]

 そんなこんなで、BSでのF1初戦をチェックした。基本的にCMを入れた予選と決勝を録画で流し、CMや放送時間の都合である程度のカットも入る、みたいなあたりは昨年までの地上波と同じ。大きく違うのは、基本的にCS放送と同一の番組を流しているということ。

 CS放送をそのままBSに持ってきて、編集版を録画で流すというアイディアは英断なのかもしれないな、と感心している筆者なのだ。今までのように、地上波向けとCS向けで違う番組を作らなければ製作費など少なくて済むし、CSを導入するほどではないがF1のレースはチェックしたい、というモータースポーツファンも失わずに済むし。

 というわけで、「あれ、今年のF1は?」と思っていた人は、早急にBSでのチェックを。アンテナさえ立てれば、通常のデジタルテレビで無料視聴が可能なので、電器店などに頼んでみては。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら