住所録や顧客名簿、会員名簿などをExcelで作るには、いろいろと面倒な部分があります。例えば、通常、Excelのセルにデータを入力し終わると「Enter」キーを押します。すると、1つ下のセルに移動します。でも住所録など、1件の情報を横に入力するような場合、「Enter」キーを使わずに「Tab」キーや「→」キーで移動することになります。普段「Enter」キーでの移動に慣れていると、これが面倒に感じてしまいます。

 このような、いつもはなんとも思わないことでも、住所録を作る場合には煩わしく感じる操作があります。これらを解消して、サクッとデータを入力できるようにしてみましょう。

図1 横1行分が1件の情報として入力していく住所録や会員名簿。大量に入力することが多いデータだけに、面倒を解消して楽に入力できるようにしてみよう
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら