薮から棒にこんな話をされても困ると思うが、先週の金曜日、突然、左耳の穴の中に腫れ物ができた。
 尾籠な話で恐縮だが、若い頃から化膿しやすい体質で耳の裏とか耳たぶとか太腿とか頻繁にできる腫れ物に苦しみ続けてはいるのだけれど、耳の中は初めてである。
 最初はちょっとした違和感だけだったのが段々激しく痛むようになってきて、布団で寝返りを打つと痛みで目が覚める有様。タスケテー。
 しかし、痛いには痛いけど我慢できない程ではないのだ。この程度で救急病院に行くのも申し訳ない。
 そして体育の日が終わる頃に腫れ物は破裂、痛みはみるみる引いていって一安心……といった三連休を過ごしていたわたくし。
 皆様、秋の三連休、いかがお過ごしでしたか。

 さて、先週のiPhone 4S発売に引き続き、今週もアップルのビッグイベントが!
 いよいよiOS 5&iCloudの登場だ。

 日本時間で12日深夜2時頃からダウンロード開始と聞いていたので、雑誌を読んだりテレビを見たりベビースターラーメンを食べたりしながらじっとその時を待つ。
 ぼんやりテレビを見ていたら、あら、もう2時過ぎてる!
 慌ててiTunesを起動。
 来てます来てます、案の定アップデート的なアラートが来てますっ。
 アップデートのお知らせがあってもしばらくは様子を見た方がいいとか、まあ、そのような説もあるようだけれど、こういう場合、アレコレ難しいことは考えずにいつもMacさんの指示に素直に従ってアップデートしてしまうわたくし。ここ10年ぐらい、Macさんの言う通りにして特に問題はなかったし。

 というわけで、鼻歌混じりでアップデート開始。
 画面の指示に従い、データをダウンロードし、iMacをリスタートする。

 すると、ついにあの「iCloud」がお出ましだ。
 一体何がどうなるのか実はいま一つ理解してないが、とにかくスゴイと評判のあのiCloudである。

 Apple IDの入力を求められたので、特に何も考えることなくテケテケとタイプしちゃう。無防備すぎますか。すみません。
 あ、全然関係ないけど、iCloudというフレーズを見聞きするたびに「i蔵人」という文字に脳内で変換されてしまうわたくし。
 「蔵人」というのは「蔵人所の役人で、機密の文書・訴訟をつかさどった令外(りようげ)の官。のちには、天皇の衣食・起居のことから伝宣・進奏・諸儀式、その他宮中のいっさいのことを扱った。院・摂家にも置かれた。くらんど。くらうど。(大辞林)」のこと。簡単に言うと昔の天皇の秘書的な役割である。
 そんなわけで、私の頭の中では、iCloud、なにかこう高貴なイメージが浮かんでくるのであった。いや、ホントに関係ない話で面目ない。

アップル公式サイトの「iCloud」のページ。アビイロードの横断歩道を渡るビートルズがカッコイイぜ!
[画像のクリックで拡大表示]

Macをリスタートしたらいきなり登場したiCloudの設定画面。
[画像のクリックで拡大表示]

なにやらベンリそうなので両方とも「使用」にチェック。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら