みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンでは、iPhone、Androidの人気がありはありますが、au(KDDI)の「Windows Phone IS12T」発売以来、この端末を愛用しています。Windows Phoneは、いろいろと楽しい機能があるのですが、その中でも特徴的な「ハブ」の機能をご紹介します。

 ハブとは「車輪の中心」が由来の言葉です。「集約する」という意味になります。Windows Phoneのハブ機能も同様に「情報を集約する」という意味合いになります。一言でいうと「人とコンテンツがシームレスにつながる」という感覚です。使ってみると、とても心地よいシステムになっています。ユーザーがサービスを意識することなく、楽しく利用できるように工夫されています。

 ハブ機能の中で、今回は「pictures」ハブをご紹介します。「pictures」ハブは、本体で撮影した写真、Facebookの写真、SkyDriveの写真をシームレスに閲覧・管理することができます。FacebookやSkyDrive上の写真でもサムネイルを一度作成してしまうと、本体内のある写真と同じ感覚で表示がされます。あまりにシームレスなので、自分の見ている写真が、本体に保存されているのか、Facebookで共有されている写真なのか、SkyDrive上の写真なのか、分からなくなってくる不思議な感覚があります。見たい写真を、本体内でもネット上でも区別なく写真を楽しむ、ということが徹底されている機能です。

 写真でご紹介します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら