すごい! アイデアカレンダー

 僕の知る限りは、今までこんなカレンダーはなかった。月表示が一覧表形式のリスト形式で並んでいくのだ。我々は普段、1カ月1枚で4週間が並んだカレンダーを見慣れているわけだが、デジタルならこんなリスト形式もありだ。ちょっと残念なのが、表示が延々と続かないこと。翌月や前月を見たければカレンダーをめくる必要がある。やっぱり、月末になると先の予定がひと目で見られないのが厳しいところだ。

 思わず膝をたたきたくなるアイデアが、ピンチ操作やダブルタップで拡大できること。1画面で31日まで表示するので、当然ながら文字が小さくなるので拡大がありがたいのだ。拡大のメリットはこれだけでなく、サイズを大きくすると各予定に時間が表示される。

 平均すると、1日当たり2~3件の予定があり、1カ月の予定を常に見ていたい人には、お薦めの1本だ。

縦型カレンダーicon 
カテゴリー:仕事効率化/価格:170円
iconicon

まるで一覧表のようにスケジュールが見られるのが縦型カレンダー。これはなかなか斬新だ。
[画像のクリックで拡大表示]

ピンチやダブルタップで拡大すると、ほぼ週表示になって、各スケジュールに時刻が表示できる。
[画像のクリックで拡大表示]

予定の入力はなかなかしやすい。
[画像のクリックで拡大表示]

ズームの倍率やフォントのサイズも指定可能。メニューが日本語化されているのもうれしい。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら