Gmail忍者への階段をのぼる平野所長と直井研究員。白帯、緑帯の項目をマスターし、ついに黒帯・Gmail師範までやってきた。徐々にレベルが上がるGmailテクニック。ついていけるのか直井研究員。Googleのエンタープライズ部門、シニアプロダクトマーケティングマネージャーの藤井彰人氏にGmailの魅力を聞く。

●図1 左から順にGoogleのエンタープライズ部門、シニアプロダクトマーケティングマネージャーの藤井彰人氏、直井研究員、平野所長

平野所長(以下平野):Gmailの魅力を「白帯」「緑帯」と段階的にご紹介いただいておりますが、聞けば聞くほど、Gmailには効率的な使い方があるんですね。

藤井:黒帯では、1 日に多数のメールを受け取っている方を対象に次の12項目を用意していますよ。

●図2 Gmailのヒントのページにある「Gmail忍者になる」。一日に受け取るメールの量で段階が分かれており、「黒帯」は一日に多数のメールを受け取る人に便利なテクニック
[画像のクリックで拡大表示]

(1)キーボード ショートカットを使ってメール操作をスピードアップする
(2)検索演算子を使って特定のメールを見つける
(3)別名メールアドレスを使ってメールをフィルタリングする
(4)自分だけに送信されたメールを見分ける
(5)インターネットに接続できない場所で Gmail を利用する
(6)1通のメールに複数のファイルをすばやく添付する
(7)本文のないメールの件名に「(EOM)」を追加する
(8)同じ返信を何度もキーボードから入力する代わりに、返信定型文を設定しておく
(9)クリック不要で YouTube、Flickr、Picasa、Yelp のプレビューを見る
(10)クイック リンクを使用して Gmail 内の任意の場所に 1 クリックで移動する
(11)送信とアーカイブを一度に行う
(12)ほかの人に画像を見せる

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら