2階の居間で、1階にあるパソコン内の音楽が聴きたい…

 どの部屋にいても音楽が欠かせない筆者、どうにかして2階の居間で、1階の事務所にあるデスクトップパソコン内の音楽を聴きたい、と思っていた。前々から「Apple TV買え」と言い続けているダンナの声に、重い腰を上げて先日、やっと導入に至った次第。

 今まで2階の音楽プレイの主役はネットオークションで入手した第2世代のiPod Touch 8GB。お気に入りのネットラジオチャンネルを鳴らしているだけだが、たまに手持ちの音楽も聴きたくなる。階下のデスクトップパソコンと同期したとして、Touchの空いたメモリー内に音楽を詰め込んでも、8GBでは容量的に間に合わない。

 iPod Touchのほかにも、60GBのHDDを搭載した古いiPodもある。これは容量が魅力的なものの、iPod用の機器につないでしまうと(古い機種のせいか)液晶がロゴだけになってiPodでの操作がきかない&曲名が分からない、などで使いづらくてNGだったり。もちろんネットワークメディアプレーヤーなど今までいくつか導入して、ネットワーク上のパソコンにある音楽を鳴らそうと試みてきたものの、しっくり来てはいなかったという経緯も。

 そんな感じで、現行の、第2世代(2G)のApple TVを購入。定価8800円で、誰かと1~2回飲みに行くぐらいの金額で買えてしまうお手軽価格ゆえ、大して期待もしていなかった筆者である。そうそう、「あれっApple TVってすごく高価ではなかったっけか」などと思う人は、たぶんHDDなどを搭載した第1世代をイメージしているのだろうと思う。そのあたりの歴史はWikipediaなどを参照いただければと思う。

 とりあえずApple TVの紹介ページはこんな感じ。ネットワーク上にある、iTunesで「ホームシェアリング」をオンにしたパソコン(MacでもWindowsでもOK)上の音楽、ビデオ、ポッドキャスト、iTunesストアでのビデオレンタル、YouTubeなどインターネットサイト上のコンテンツ、などがApple TVを接続したワイドテレビで視聴可能になるのだ。

図1 Apple公式サイトにあるApple TVの紹介ページ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら