初代からカウントすれば、もうずいぶん長いことiPadを利用している。だが、やっぱりキーボードはスクリーンをタイプするよりも外付けが使いやすい。そう考えているのは、僕だけではないのだろう。iPad用の外付けキーボードは多数市販されている。

 今回は、ロジクールから新発売されたケースを兼ねたキーボードを紹介していこう。せっかくなので、少し前に発売になった同社製のワイヤレスキーボードも取り上げる。比較対象用に、アップルの純正キーボードも併せてチェックしていく。

 さて、今回登場した「Logicool Keyboard Case For iPad 2」(オンラインストア価格8980円)は、その名の通りiPad 2専用品で、iPadのハードケースを兼用しているのが特徴だ。ぱっと見は、底の浅い弁当箱のふたの中にキーボードが仕込まれているような感じで、ここにiPad 2をはめ込むことでハードケースとして本体を守ってくれるわけだ。

 硬質なゴムによってしっかりとケースに本体をはめ込むことができ、外すのにはちょっと力がいるほど。これなら、使い込んでも緩んできて外れてしまうまでには、相当時間が掛かりそうだ。

「Logicool Keyboard Case For iPad 2」は、しっかりとした作りの、いわばフタである。
[画像のクリックで拡大表示]

本体を装着すると、このようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら