今回はグラフの疑問にお答えします。

 Excelでは、作成した表データを元にグラフを作ることができます。棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフ、ドーナツグラフなどなど、多種多様のグラフが用意されています。

 グラフは、どんなグラフにするか、元となるデータによって選ぶグラフの種類も変わります。棒グラフが分かりやすいか、それとも折れ線グラフのほうが伝わりやすいか。表データだけでは判断しにくい部分をグラフにすることで、見た目に伝わりやすいものにする効果があります。

 Excel 2007からはグラフがとても作り易くなりました。グラフとなる元データを選択してグラフの種類を選ぶ。これだけでグラフが作れます。その後、より見やすくするためのアレンジを始めます。

 できたグラフをアレンジするときにさまざまな戸惑いが出てきます。グラフにタイトルを付けるにはどうしたらいいか、目盛りの幅は変えられるのかなどなど。

 そんな中で、「あれ? どうするんだったかな?」と質問の多いものを3つ紹介します。グラフの種類によってデータの選び方が変わってきますので、ここでは作り方自体は省き、アレンジの仕方についてお話しします。

 どれもグラフのツールからできたはずだけど、どこで操作するんだったかなと悩む人が多い質問です。

図1 グラフは「挿入タブ」から種類を選んで作る。縦棒、折れ線、円、横棒、面、散布図と、リボンから手軽に選べるほか、ダイアログボックス(画面中央の「グラフの挿入」画面)を開いて全種類の一覧から選ぶことも可能
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら