最近のスマートフォンにはHDMI出力端子が付いている機種が増えている。これを利用することで、モニターディスプレイに外付けして画面を出力できる。プレゼンに使えるのはもちろん、例えば、大画面で写真やビデオを楽しむなど、使い道は色々と考えられるだろう。

 地デジへの切り替えもあって、この7月にテレビの買い換えが一気に進んだ。結果、HDMIを搭載しているテレビが普通になり、スマホをつなげる可能性もぐっと増えているはずだ。

 今回は、手元にあるスマートフォンの中で、HDMI出力に対応した2機種でテストを試みた。最新の「GALAXY SII」と「HTC EVO WiMAX」だ。

 早速、準備に掛かったのだが、当然ながらHDIMケーブルが必要になる。スマートフォン側のHDIMコネクターはmicro HDIMなので、手元にあった普通のHDIMケーブルでは使えないのだ。そこで、バッファローコクヨサプライの巻き取りタイプのケーブルを購入した。価格はアマゾンで2700円程度と安くはないが、持ち歩きを考えるとベストに近い選択と言えるだろう。こちらは、HTC EVO WiMAXに利用する。

 GALAXY SIIはUSB端子に変換ケーブルを介してHDIMに接続する仕組みを採用している。スタッフに変換コネクターを探してもらったのだが、この在庫がほとんどない状況で、ようやく某ドコモショップで発見。価格は1800円ちょっとだった。

GALAXY SIIをHDIM接続するためのコネクター。在庫があまりないようなので、欲しい方は余裕を持って探したい。
[画像のクリックで拡大表示]

巻き取り式のmicro HDIMケーブル。持ち歩きには便利そうだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら