7月13日より、異なるキャリア間でのSMSのやり取りが可能になった。

 SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルでは「SMS」という名称だが、au(KDDI)では「Cメール」というサービス名で提供されている。送信できる文字数は、NTTドコモ、ソフトバンク、イー・モバイルが全角70文字まで、au(KDDI)は全角50文字までだ(一部機種は7月13日に実施されたアップデートで70文字まで送受信可能)。SMSは通話料と同じように送信側にだけ課金され、受信は無料。1通当たりの送信料は、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルは3.15円。イー・モバイルのみ1通2.1円だ。

 筆者もさっそく試してみたが、利用はものすごく簡単だ。例えば、NTTドコモのスマートフォンの場合は「メッセージ」というアプリで送信できる。宛先に電話番号を入力して、メッセージを入力して「送信」をタップするだけ。au(KDDI)は「メール」アプリから「Cメール」を選択して利用できる仕様。ソフトバンクモバイルのiPhoneでは、すでに多くの人が使っているであろう「SMS/MMS」アプリで利用できる。

 使い慣れたら、キャリア独自のケータイメールよりも使い勝手がいいかもしれない。スマートフォンの場合、機種にもよるが、メッセージのやり取りがチャットのように表示されるのも面白い。もっと早くキャリア間送受信が実現していればよかったのに……というのが率直な感想だ。

 SMSは、海外では、友人や知人との気軽な連絡手段として広く利用されていると聞く。しかし、日本での利用はさほど多くはなかった。普及を阻んだ要因として、同じキャリアの端末間でないと利用できないことも挙げられるが、iモードメールなどのキャリア独自のケータイメールが普及し、それで事足りていたということが大きい。ケータイメールは他キャリアのケータイはもちろんパソコン宛にも送れる。画像も添付できるし、パケット定額制に入っていれば通信料を気にする必要もない。

 となると、今回のキャリア間SMSの解禁は、さほどメリットはないように思えるかもしれない。しかし、筆者は、今後SMSの利便性を享受できる人は意外と多いのではないかと考えている。筆者が想定するキャリア間SMSの利用メリットを挙げておこう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら