世の中には次から次に面白いものが出てきて、退屈している暇がない。私はあまりテレビは見ないが、たまに旅行中などの折り、どうしてもチェックしてみたい番組がある。そんな時、テレビをインターネットで流してくれれば全部解決、話は簡単なのにと、日本の硬直した放送行政と放送業界を恨んでいる。しかしそんな不便も、自宅の受信装置からインターネットに流し込んでやれば好きな場所で視聴できる。その種の装置の代表がソニーの「ロケーションフリー」機器だったが生産終了してしまった。その代わりに、最近はもっと進化して、iPhoneやiPad、Android端末を使ってどこででも視聴できる製品がいくつか登場してきて、面白い。

ハイビジョンレコーダーなどの映像を配信

 地上アナログ放送が終了間近となった今、家庭にはハイビジョン映像が扱えるデジタル映像機器が少しづつ浸透してきた。これらの機器からの出力をネットワーク中継器に流し込んで、インターネット接続したパソコンやiPhone、あるいはiPadでハイビジョン映像を楽しむという仕掛けだ。

 著作権保護のため、登録者本人のみが視聴できる。また、同時接続数も1台のみ。要するに個人でだけ楽しめるというものだ。イーフロンティアの「Slingbox PRO-HD(3万4980円)」、アイ・オー・データが「挑戦者シリーズ」として輸入販売している「VULKANO FLOW」(1万2800円)など。それぞれサービスの日本語化などを行っているほか、イーフロンティアでは出張設置サービスの有料オプションなども用意していて、設置に自信がない人はこちらを頼ることもできる。

 ということで、さっそくSlingbox PRO-HDを試してみた。価格はかなりお高いが、HD映像の配信と視聴アプリなどが充実しているということで、チェックしてみることにした(図1)。

図1 「Slingbox PRO-HD」の製品サイト
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、ちょっと待って。単純に考えるとHDDレコーダーからの映像を中継することはできそうだが、チャンネル切り替えや録画操作、あるいは録画した番組の選択はどうするのだろう、と素朴な疑問がさっそく湧いてくる。普通のHDDレコーダーはインターネット接続で再生のコントロールなどできるようには作ってないはずなのに……種明かしはこうだ。Slingboxに接続した赤外線発光装置をHDDレコーダー、ブルーレイレコーダーなどの受光部分に装着し、ネットワークの向こうのデバイスでリモコン操作する、という仕掛けなのだ(図2)。

図2 SlingboxがHDDレコーダーをコントロールできるのはこんな仕掛け。赤外線リモコンの受光部に向けて赤外線LEDを取り付ける。
[画像のクリックで拡大表示]

 Slingboxが制御できるAV機器はざっと300種類。ここにリストされていない機器を使っている場合でも、似たようなシリーズ機種を指定するとだいたい動く。それでもダメな場合はリモコンの動作を学習させる機能(β版)を使えばよい。これで、それこそ地球の裏側からAV機器の電源をオン/オフし、ライブ放送あるいは録画や再生機能を楽しめる(図3)。

図3 インターネットを通じて遠くから、録画済みのプログラムリストを表示させたり選択再生できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら