iPad 2を発売日に購入した。スタッフに並んでもらいつつ、自分でも在庫を確認して回ったのだが、入手状況は初代iPadよりもいくらか良かったようだ。

 前評判ではさまざまな評価があり、僕自身も数日間の試用は何度となく行ってきた。だが、やはり本当の価値は、自分で購入して使ってみてこそ分かるものだ。

 ということで、今回は買って分かったiPad 2の良しあしを紹介していこう。なお、最近話題になっているAndroid 3.0を搭載したタブレットとも比較していくので参考にしていただきたい。

 さて、まずは3枚の写真を見ていただきたい。

アマゾンで購入した安価なソフトケース。10インチクラスのモバイルノート用であり、僕はモバイルノートを入れてよく持ち歩いている。こうして見ると、ごく普通にケース入りのノートだ。
[画像のクリックで拡大表示]

中から登場したのは、「Let's note J」(パナソニック)。普段から不細工な専用カバーを取り外して使っているので、サイズ的にはネットブックと同じようなものだ。もちろん、これは普通なのだが……。
[画像のクリックで拡大表示]

なんと! 同じケースの中にiPad 2が余裕で入ってしまう。なんたる薄さだろう。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら