NECが3月10日に発売するノートPC型のAndroid端末、LifeTouch NOTEを発売前に借りることができたので、早速チェックしてみた。モバイルパソコンと同様の日本語キーボードを搭載し、日本語入力にはATOKの専用バージョンを搭載。独自のメモアプリケーション「ライフノート」を搭載するなど、文章入力のニーズを強く意識した製品だ。ミニマシンを愛するライター稼業の私としては見逃せない一台と言える。

LifeTouch NOTE(NA75W)。7型液晶とキーピッチ16mmのキーボードを搭載する。ネットブック風のデザイン。同社は「スマートブック」と呼ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 今回発売されるのは無線LAN専用機で、内蔵メモリー2GBで、2GBのSDメモリーカードが付属するNA70W/1A(実勢価格4万円)と、内蔵メモリー8GBで、8GBのSDメモリーカードが付属するNA75W/1A(実勢価格4万5000円)の2モデル。メモリー以外のスペックは共通。また、これとは別に、4月末にはNA75W/1AをベースにNTTドコモのFOMAハイスピードの3G通信機能も内蔵したNA75F/1A(実勢価格5万5000円)が発売予定だ。最下位モデルのNA70W/1Aは黒のみだが、NA75W/1AとNA75F/1Aは黒モデルのほか、背面パネルが赤と茶もある3色展開。開いた部分の色は3色共通だ。

 SDカードが付属するのは、Androidのメモリー使用法の特性による。Androidではデータ保存領域を「システムメモリー」と「ユーザーメモリー」の2種類に分けており、システムやアプリのインストールと、設定などのデータ保存はシステムメモリー、ユーザーが作成したデータはユーザーメモリー側に保存する(Android 2.2から、アプリはユーザーメモリー側にもインストールできるようになった)。LifeTouch NOTEでは、内蔵メモリーをシステムメモリー、SDカードをユーザーメモリーとして利用する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら