みなさん、モバイルしていますか? 最近は、多くのスマートフォンやモバイル端末が市場に投入されています。その中で、私が一番注目している機種が、NECから発売されるAndroid端末の「LifeTouch NOTE」(3月10日発売予定)です。なぜ、この端末に注目しているかというと、あのPDAの名機「モバイルギア」直系の血筋を持っているからです。

 モバイルギアは、キーボードを搭載したPDA端末で、小さなきょう体ながらも絶妙なキータッチを誇り、他社ではマネのできないものでした。モバイルギアは、DOSを搭載した通称「ドスモバ」と呼ばれた機種や、sigmarionブランドでNTTドコモから発売された機種など、多くの機種が発売され、人気を博しました。私は、特にsigmarion IIIという機種を愛用していました。

 モバイルギアの魅力は何といっても「キーボード」です。小さな端末ではありますが、タッチタイピングのできるキーボードを搭載し、そのキーもキータッチが絶妙で、誤入力がほとんどなく文字を入力可能でした。各社からキーボード内蔵のモバイル端末が発売されてきましたが、いだにこのモバイルギアが最高と、個人的には思っています。

 ただ残念ながらモバイルギアはPDA市場の縮小とともに、市場から消えてしまいました。

 スマートフォンの時代となり、Androidを搭載して、モバイルギアの歴史を引き継いだキーボードを搭載した端末として、現代によみがえったのが、このLifeTouch NOTEなのです。

 今回、LifeTouch NOTEを試用する機会をいただきました。ネット環境に接続できなかったため、キーボードのみの感想となりますが、「最高!」です。「ああ、ついにモバイルギアが戻ってきた」--そんな懐かしさを感じました。細かい点を言えば、キーストロークが浅目だったり、スペースキー周辺がsigmarion IIIのようにくぼんでいないので違和感があったりしましたが、10分も入力していると、あっと言う間に手に馴染んでしまいました。「ああ、まさに待ち望んでいたモバイルギアだ!」という感覚になりました。このキータッチだけで、欲しくなってしまいました。

 キーボードの感想はこれくらいにして、写真レビューをお送りします。比較として、私が何年も愛用している「モバイルギア2 for DoCoMo」と「sigmarion III」を持参しましたので、比較させていただきます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら