今さら言うまでもないが、iPhoneはアップル製の端末なので、インタフェースやデザインがどこかMacっぽい。Macと組み合わせて利用すると、非常に相性がいいのは当然だ。また、WindowsでもiTunesを利用するのが前提なので、まず困ることはない。基本的にはWindowsとMacで大きな差がなく使えると考えればよいだろう。もっとも、アプリには多少の差がある。例えば、「Kyenote」や「Numbers」にWindows版がないのは、相当に痛いところだ。

 気になるのはMacとAndroidとの関係だ。そもそも、Androidはパソコンがなくても利用できるように設計されている。iPhoneが、まず最初にパソコンとつないでアクティベーションしないと使えないのとは大きな違いだ。

 これは余談だが、実はこの点で大きな矛盾がある。パソコンでのアクティベーションが必要なiPhoneが単体で音楽や映画が購入できるのに、単体で使えるはずのAndroidでは、まだ購入の仕組みが整っていないのだ。一部機種には購入できるものもあるが、iTunes Storeほどのコンテンツがそろっていないうえに、端末を買い換えたら手に入れた楽曲がどうなるのかもはっきりしない。これでは、とてもじゃないが、たくさんのコンテンツを買う気になれないだろう。

 さて、今回のお題は、「MacとAndroidを組み合わせて利用すると、何か困るだろうか」というもの。特に、これからAndroid端末を買おうと考えているMacユーザーにはぜひ読んでいただきたい。

MacとAndroidの相性はいかに? 接続自体はUSBケーブルで問題なくできる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら