iOSが4.2へとバージョンアップした。iPadは大幅に機能が進化したのだが、iPhoneはちょっと変わっただけだ。アップデート後の変化に気がつかなかった方も少なくないだろう。iPhoneにとっての目玉機能もいくつかあるのだが、今回はAirPrintに注目した。iPhoneから直接印刷できる機能だ。

 実際に使ってみるまでは、パソコンから印刷すればいいだろう?くらいに考えていたのだが、これがなかなか便利なのだ。もちろん、仕事にも十分に役立ってくれる。また、今回はiPhoneを例に紹介するが、iPadでも基本的に同じように利用可能だ。

 AirPrintを利用するには、対応するプリンターが必要になる。今回は、日本ヒューレット・パッカード(HP)の「ENVY100」を借りてテストしてみた。まず最初に、プリンターについて簡単にレビューしていこう。

今回借りたのは、HPの「ENVY100」だ。非常にスリムだが自動両面印刷に対応するのが素晴らしい。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら