みなさん、モバイルしていますか? ウィルコムより、驚きのオプションが発表されました。「だれとでも定額」です。このオプションは月額980円で、どこの携帯会社が相手でも、一般回線でも、月に500回まで1回につき10分間、通話が無料です。日常で利用するには、この条件内にほとんど入ると思われますので、「だれとでも定額」で、実質通話が無料になってしまいます。純減が続いているウィルコムにとっては、起死回生の一手と言える施策でしょう。

図1 「だれとでも定額」
[画像のクリックで拡大表示]

 この「だれとでも定額」は、地域限定でスタートしていたプランです。沖縄で開始され、北海道、宮城、広島と地域は追加されましたが、全国的なプラン実施はなかなかされず、半ばあきらめていた夢のプランです。そのプランが2010年12月1日に発表となりました。以前、パケット通信定額が実施されたときも、モバイルユーザーにとっては嬉しいニュースでしたが、「だれとでも定額」はさらに嬉しいニュースです。

 ただ、今回の「だれとでも定額」は、スマートフォンユーザーにとっては、加入条件が厳しいものとなっています。ウィルコムのスマートフォン「W-ZERO3」シリーズはW-SIMというシステムを使っています。「だれとでも定額」に加入するためには、2010年11月30日までにW-SIMを契約している既存ユーザーに限られます。さらに、契約プランが「新ウィルコム定額プラン」「新ウィルコム定額プランS」に限られます。そして、「だれとでも定額」の申し込みは2011年2月28日までという条件付きです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら