本コラムでは「仕事に役立つ」をテーマにJavaScriptプログラムを紹介していきます。

 忘年会シーズン到来です。忘年会自体は楽しみなのですが、幹事を任されて大変という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、幹事の皆さんに役立つプログラムを作ってみたいと思います。

 さて、幹事の仕事で特に大変なのは参加者の把握です。ある程度人数がいる会社ですと、誰が一次会に参加して、誰が二次会に参加しないのか、あるいはその逆なのか、管理するのは一苦労。また、二次会の予算や会場について希望を聞いて回るのも手間がかかるものです。そこで、これらの項目をExcelのフォームに記入して送ってもらうことで、プログラムで集計することができるようにするのです。プログラムなら、たとえ100人分の出欠席アンケートでも、あっという間に集計してくれます。

 あらかじめ、全社員にExcelで作った忘年会参加アンケートを配布して、これをメールなどで返信してもらいます。今回作ったアンケートは以下のようなものです。

Excelで作った参加/不参加、希望予算のアンケートフォーム。これを関係者100人に配るとします
[画像のクリックで拡大表示]

 これを忘年会参加予定者にメールなどで送り返信してもらいます。そして、返信されたExcelファイルを1つのフォルダーに保存します(このときファイル名が重複して上書きしないよう気を付けましょう)。そして、同じフォルダーに、今回作るJavaScriptのプログラムを保存してダブルクリックで実行します。

集めたExcelファイルと今回のJavaScriptプログラム「syuukei.jse」
[画像のクリックで拡大表示]

 すると、どうでしょう! 次々とExcelファイルを自動で読み込み、最終的に1つの名簿ファイルにしてくれます。このようなExcelの表になっていれば、並び替えたり、参加する人だけを別の表にしたり、平均希望予算を取るのは手間ではないでしょう。

個々のアンケートを集計して1つのエクセルにまとめたところ
[画像のクリックで拡大表示]

 プログラムとサンプルのデータ一式はこちらからダウンロードできます。zip形式ですので展開してお使いください。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら