本コラムでは「仕事に役立つ」をテーマにJavaScriptプログラムを紹介していきます。第2回の今回は、WordファイルをPDF形式に変換するプログラムです。Word 2010からは標準でPDF形式でファイルで保存する機能が追加されましたので、この機能を利用します(Word 2007でも無償でPDF保存ができるアドインが提供されています)。

 とは言うものの、ただWordファイルをPDFに変換するだけなら、メニューの[ファイル>名前を付けて保存]をクリックしてファイルの種類を[PDF]で保存するだけです。

1つのWordファイルをPDFに変換するだけなら簡単
[画像のクリックで拡大表示]

 1つのファイルをPDFに変換するだけなら、プログラムを組む必要はありません。しかし、100個以上あるWordファイルをPDFに変換する必要があるとしたらどうでしょうか。手作業で変換するのは大変ですし、単純作業に時間を浪費してしまうことでしょう。そこで今回作るのは、Wordファイルをドラッグ&ドロップするだけで、PDF形式に変換するというプログラムです。

100個以上のWordファイルを選択してプログラム上にドラッグ&ドロップすると…
[画像のクリックで拡大表示]

PDFファイル形式に自動変換し保存します!
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら