ケータイで通話しているときに、相手から「ケータイ番号を教えてください」と言われたことはないだろうか? 相手もケータイであれば、番号通知で発信していれば、相手のケータイの着信履歴に番号が残り、そのまま電話帳に登録してもらえる。ただし、番号非通知に設定している、あるいは相手が固定電話の場合は、番号を読み上げて伝えてあげなければならない。

 正確な調査データがあるわけではないが、自分のケータイの番号を即答できない人は意外と多いようだ。自宅の固定電話の番号は、さまざまな入会申込書などに記入する機会が多いので自然に覚えてしまうが、ケータイ番号はその都度調べることができるので、覚えておく必要性が少ないということだろう。

 今回は通話中に自分ケータイ番号やメールアドレスを素早く確認する方法を紹介する。

 その前に、待受状態からこれらの情報を調べる手順を覚えておこう。すでに知っている人が多いと思うが、ほとんどのケータイは、メニューボタン(機種によっては決定ボタン)を押してから「0」を押すと、自局番号(自分のケータイ番号)を確認できる。この操作で呼び出せる画面を、NTTドコモでは「マイプロフィール」、au(KDDI)では「プロフィール」、ソフトバンクモバイルでは「オーナー情報」などと呼ばれる。これらの画面には、あらかじめケータイ番号が登録されているが、ほかに自分の氏名、ケータイのメールアドレス、自宅や職場の電話番号やメールアドレス、住所なども追加登録しておける。人から聞かれたときに即答できない情報があれば、書き足しておくと、いざというときに役立つであろう。

メニューボタンを押して(メインメニュー画面を表示させて)、「0」を押すと、自局番号を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
プロフィール画面には、自宅や職場の連絡先なども登録しておける。他人から聞かれることが多い情報を登録しておけば、赤外線でプロフィールを交換するときにも重宝する
[画像のクリックで拡大表示]

 では、通話中に調べたいときはどうするか? 結論を先に言えば、通話をしたままで簡単に調べることができる。

 ほとんどのケータイは、複数の機能を同時に起動できるマルチタスクに対応している。電話をしながら自分のケータイ番号を調べることはもちろん、電話帳に登録してある他の人の連絡先を調べたり、カレンダーを開いて予定をチェックしたり、受信したメールを読んだりすることもできる。

 通話中に他の画面を確認する手順は機種によって異なる。NTTドコモのケータイの場合、通話画面の下に「メニュー」や「MULTI」といった項目が表示され、それを選択してマイプロフィール、電話帳、メールなどを選択できる機種が多い。機種によってはマルチタスク専用キーがあり、それを押すことで、今使っている機能を起動させたままで、他の機能を使うことができる。

 au(KDDI)のケータイは、通話画面の下に「アドレス帳」「プロフィール」などの項目が表示される機種が多く、これを選択するとアドレス帳に登録してある情報などを調べられる。また、メールキーを押すとメールのメニューが開き、通話しながら受信メールなどを確認できる。

 ソフトバンクモバイルのケータイは、通話画面の下に表示される「メニュー」を選択することで、通話中に他の画面をチェックできる機種が多いようだ。

通話中に他の画面を開いて調べたいことが生じたら、画面下方のソフトキーの機能割り当てをチェックしよう。au(KDDI)の場合、「アドレス帳」「プロフィール」といった項目が表示される。右下のスピーカーのアイコンを選択すると、スピーカーホンに切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]
通話中に受信メールなども確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、通話中の調べごとを終えて、元の画面に戻りたい場合はクリアキーを押せばよい。ここで間違って電源キー(終話キー)を押すと、電話が切れてしまう恐れがあるので注意したい(通常はマルチタスク起動中に電源キーを1回押すだけで切れることはないが、誤って長押ししたりすると切れてしまう)。逆に言えば、電源キーを押さない限りは、通話が切れてしまう心配はないということも知っておくといいだろう。

通話中にできない操作をしても、通話が勝手に切れてしまう心配はない。自分のケータイで通話中にどんな操作を行えるかを調べておくといい
[画像のクリックで拡大表示]

 通話中に相手を待たせて何かを調べるときは、ケータイを耳から離して画面を見るため、相手の声が聞こえにくくなる。相手を待たせる時間が長くなりそうなときは、スピーカーホンに切り替えるという配慮も忘れないようにしたい。