マイクロソフトが2010年9月30日に発表した「Windows Live Essentials 2011」(旧名「おすすめパック」)には、ネットワークを介して、パソコン間のフォルダーを同期できる「Windows Live Mesh」(以下、Mesh)という機能が入っています。

Windows Live Meshを使うには、Windows LiveサイトからWindows Live Essentials 2011をダウンロードして実行する。
[画像のクリックで拡大表示]

 このMeshは、Windows Live Syncと呼ばれていました。データの同期には2種類の方法があります。一つは、マシン間で直接通信して同期する方法で、もう一つはクラウドを通じて同期する方法です。いずれもWindows Liveアカウントが必要です。前者の方法では明確な容量制限はありません。過去のバージョンでは、フォルダー数やファイル数に制限があったのですが、今回のものは、そうした制限に関する文書がなく、詳細は不明です。ですが、数GB程度のファイルを同期させてみたところ、問題なく同期できたので、ある程度の実用性はあると思われます。後者の方法では5GBの容量が提供されます。

 このMeshでは、自分のWindows Liveアカウントを使い、同期するマシンを登録していきます。各マシンには、Meshクライアントプログラムのインストールが必須です。このプログラムは、Windows Live Essentials 2011に含まれています。インストール時に、インストールするコンポーネントを選択するオプションとして、Meshだけをインストールすることも可能です。もちろん、ほかのプログラムを入れても構いません。まずは、必要なマシンにインストールします。

インストールプログラムは、最初にプログラムの選択を聞いてくるので「インストール製品の選択」を選べば、Meshだけをインストールできる
[画像のクリックで拡大表示]

すでにインストールされているプログラムがあれば、アップデートが行われる。インストールされていないプログラムにはチェックボックスが付くので、必要ものをチェックしてインストールボタンを押す
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら