前回は「スクリン・クロラ」を使って、画面操作を動画として保存する方法を紹介した。計算機をランチャーソフトに登録する手順を約42秒の動画にしたら、ファイルサイズが113MBになった。いくら分かりやすいとはいえ、こんなに巨大なファイルをメールに添付するわけにはいかない。

 そこで、「QTCut」というユーティリティソフトを使って、QuickTimeムービー形式の動画をMPEG-4形式に書き出し、ファイルサイズを圧縮してみる。

 なお、「QTCut」は動画中の不要な部分(どこをクリックしていいか分からなくてマウスカーソルがふらふらと彷徨っているような部分)を削除する機能もあるので、編集+ファイル形式変換ソフトとして利用できる。

 使い方はカンタンで、まず「QTCut」を起動し、そこにmovファイルを読み込む。

 編集用の機能ボタンがいろいろ付いているが、今回はここはパスして「書き出し」をクリックしよう。あとはファイル名と場所を指定して保存するだけだ。

図1 「QTCut」を起動し、「スクリン・クロラ」で作ったmov動画を読み込む。不要な部分をカットすることもできるが、ここでは「そのまま確定」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「書き出し」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら