突然ですが、皆さん、iPad、飽きましたか?
 試しにGoogleで「iPad 飽きた」でブログ検索すると、なんと「約51,600件」がヒット。
 ニュースサイトや他ブログからのコピー、引用などもかなりあるとはいえ、iPadに飽きてしまった記事が5万オーバー。
 えー、みんな、そんなに飽きちゃったのー?

 皆様に「飽きましたか?」と問いかけておいてアレなのだが、わたくし、いまだに全く飽きていないのだった。
 「コレがなければ困る」というアイテムではないが「コレがあると楽しい」のがiPad。
 このコラムに何度か書いたのだけれど、ナマケモノの私にとってベッドに寝転がって遊べるというのはとにかく魅力的。
 寝転がってゲームをする。Webを見る。小説を読む。メールを送る。Twitterでつぶやく。
 iPadにはなぜか時計アプリが標準で搭載されていないのだけれど、先日リリースされた無料の「Alarm Clock HD Free」をインストール。アラームをセットしてグースカ眠る。
 ああ、快適。これはもう手放せない。ナマケモノがますますナマケモノになってしまうぞう。

アラーム時計アプリ「Alarm Clock HD Free」。iPadの大画面にドドーンと表示される時刻。大迫力です。
[画像のクリックで拡大表示]

 iTunes Storeには、ビジネス文書を読み書きしたり、表計算したり、データベースを作ったり、スケジュール管理したり等々、仕事がベンリになるアプリが日々続々とリリースされ続けている。
 とはいえ、実際はiPadがマルチタスクに対応していないため、今のところ、実務に活用しようと思うとまだまだ効率が悪い。
 例えばこの原稿を書く場合、iPadの大きなキーボードは使えないことはないのだが、原稿を書きながらWebを検索したり画像を加工できないのは不便だ。思いついたアイデアをメモする程度なら十分だけれど、やはり原稿を書く時は今でもiMacを使う。
 さまざまなアプリをインストールすればiPadは何でもできるデバイスだと思うが、ビジネスで利用するには「帯に短し、たすきに長し」的な中途半端な面があるのは否めない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら