みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンは、iPhoneやAndroidが盛り上がっていますが、Windows Phoneもまだまだ頑張っています。今回は、キーボード内蔵端末のNTTドコモ「T-01B」のレビューをお送りします。

 T-01Bは、「Windows Mobile 6.5.3 Professional」を搭載しているWindows Phoneです。今までの「Windows Mobile」搭載端末と大きく違う点があります。それは、液晶パネルが静電式であることです。iPhoneや、Xperiaと同じように、指の腹の部分で操作するパネルとなります。今までの「Windows Mobile」の液晶パネルは感圧式で、スタイラスによる操作がメインでした。私の場合は、指の爪で操作をしていました。iPhoneが成功したことから、Windows Phoneも大きな冒険をしたと思われます。

 静電式の液晶パネルにするためには、従来の「Windows Mobile」のユーザーインタフェースを大幅に変更しなければなりません。スタイラス操作を前提にした小さなアイコンをタップするようなユーザーインタフェースでは、指で押すことができないからです。T-01Bは、ホーム画面に東芝独自のホーム画面を搭載して、Androidに近い操作感を実現しています。ウィジェットも配置でき、予定表データの表示など便利に利用ができます。

 東芝独自のホーム画面は操作のやりやすさとしては秀逸だと感じました。Windows Phoneは、各社独自のホーム画面を搭載する場合が多いのですが、その場合は、感圧式の液晶画面でiPhoneライクなホーム画面にして、結果的には操作しくくなることがほとんどでした。しかし、T-01Bは、液晶が静電式になったおかげで、iPhoneライクな操作がしやすくなったのです。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら