みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンは、iPhoneやXperiaの人気のおかげで、画面タッチスタイルのスマートフォンがスタンダードになりました。しかし、古くからのスマートフォンユーザーにとって必須と言えるのが内蔵キーボードです。大量のテキスト入力をする場合には、どうしても内蔵キーボードを使いたくなってしまいます。

 そんなスマートフォンユーザー向けに、スライドキーボードを内蔵した端末をNTTドコモが発売しました。東芝製のWindows Phone「T-01B」です。この「T-01B」は、CPUにクアルコムが開発した1GHzのSnapdragon、OSに「Windows Mobile 6.5.3 Professional」を搭載。静電容量式のタッチパネルやユーザーインタフェースに東芝の「NX! UI」を採用するなど、今までのWindows Phoneとは違う特徴を持っています。

 スライドキーボードを搭載しているWindows Phoneのイメージとしては、「重い」「厚い」というマイナスイメージがありましたが、「T-01B」はそのイメージを大きく変えました。キーボードを内蔵しているのにもかかわらず、本体の薄さが12.9mmと、iPhone 3GSの12.3mm、Xperiaの約13.1mmと比較しても、ほとんど変わりません。

 イメージが、随分スタイリッシュになったWindows Phoneの「T-01B」を写真レビューします。

図1 左からXperia、T-01B、iPhone 3Gです。液晶サイズは、Xperiaが約4.0型、T-01Bが約4.1型、iPhone 3Gが3.5型で、T-01Bが一番大きな液晶となっています
[画像のクリックで拡大表示]

図2 厚さの比較です。左からXperia、T-01B、iPhone 3G。厚さは、ほとんど変わりません
[画像のクリックで拡大表示]

図3 キーボードのレイアウト。Fn、Shift、Tabキーが搭載されています。また、左右メニューキーもあります。キータッチは、使いやすい固さだと感じました。Enterキーが小さいのが残念です。また、文字キーで、文字入力モードが「あ」→「カ」→「A」→「A」とトグルするのですが、実用的ではありません
[画像のクリックで拡大表示]

図4 本体右側面は、microUSB端子、音量ボタン、カメラボタンです。microUSBによる充電は、充電電圧がシビアなようで、サードパーティ製のUSB充電器で充電できない場合がありました。その場合は、電源をオフにすると充電ができました。また、カメラボタン短押しで、画面キャプチャができるのには驚きました
[画像のクリックで拡大表示]

図5 本体左側面は、電源ボタンのみです
[画像のクリックで拡大表示]

図6 本体裏面のカバーを外したところ。バッテリー容量が1000mhしかなく、1日使っているとバッテリー残量が30%以下となり、厳しい状況が多かったです。microSDメモリーカードは、バッテリーを外さないと抜き差しができないので、使いにくく感じました
[画像のクリックで拡大表示]

 T-01Bを使っていて一番感じたことは、本体が薄いことへの驚きです。スライドキーボードを搭載するスマートフォンのW-ZERO3シリーズを長年使ってきた私にとっては、本体の厚さは、ポケットに入れて持ち歩く場合の悩みの種でした。T-01Bは、ポケットに入れて持ち歩いていても、楽に持ち歩きができました。

 スマートフォンユーザーの中には、キーボードが内蔵していることが必須のユーザーもいますので、T-01Bは、そんなユーザーにはお薦めの機種です。ただ、「Windows Mobile」らしさもチラホラ見られる機種なため、カスタマイズが必須だと感じました。次回は、カスタマイズの方法をご紹介します。