みなさん、モバイルしていますか? アップルのスマートフォン「iPhone」は、新機種「iPhone 4」の人気が爆発しており、世界中のスマートフォンユーザーが増加しています。

 iPhoneが日本で初めて発売されたのが、2年前の2008年のことです。iPhone 3Gが発売されました。iPhone 3Gは、iPhone 4と比べると、スペックは大幅にダウンしますが、最新のOSのiOS 4にアップデートは可能です。私は、iPhone 3Gを持っています。それをiOS 4にアップデートして毎日利用していますので、ご紹介します。

図1 ホーム画面はiOS 4の新機能の壁紙は利用できませんが、フォルダー機能は使えます

図2 iOS 4は機能が多いためか、メモリーが圧迫されます。iOS 4のマルチタスク機能が使えませんが、シングルタスクでもメモリーが厳しいようです。メモリー解放アプリを導入した方が良いようです

 iOS 4にアップデートしたiPhone 3Gを使っていますと、いろいろ制限があります。アプリの起動が遅くなること、メモリーが圧迫されてアプリが起動しない場合があること、iOS 4の一部機能が使えないこと、などです。しかし、慣れてしまうと、それなりに利用ができています。

 今後、iOS 4のみに対応しているアプリがリリースされる可能性がありますので、iOS 4にアップデートした方が良いかと思います。ただし、iPhone 3GではiOS 4の新機能をあまり使えないことや、動作速度が低くなることを考えると、アップデートしないで使い続けるのも一つの選択です。

 2年前に発売されたiPhone 3Gですが、まだまだ現役で使い続けることができそうです。次々と新機種が発売されてしまうガラパゴス携帯に比べ、スマートフォンはアップデートしながら長期間使い続けることが可能です。スマートフォンユーザーのみなさんは、気に入ったスマートフォンを見つけて、長く愛用してくださいね。