みなさん、モバイルしていますか? アップルより「iPhone 4」が発売されて、注目を集めています。今回は、iPhone 4と、初代iPhoneの「iPhone 3G」、NTTドコモのAndroidスマートフォン「Xperia」、アップルの「iPad」の4台をまとめてバトルロワイヤル比較レビューをお送りします。

写真1 左から「Xperia」「iPhone 3G」「iPhone 4」「iPad」となります。スマートフォンの3台は、ほぼ同じ大きさです
[画像のクリックで拡大表示]

写真2 厚みの比較。左から「Xperia」「iPhone 3G」「iPhone 4」「iPad」。iPhone 4のみ底面が平らなため、その分、薄くなっています
[画像のクリックで拡大表示]

写真3 Webブラウザーの比較。左から「Xperia」「iPhone 3G」「iPhone 4」「iPad」。「PC Online」のトップページを表示させてみました。ちょっと見た感じは変わりませんが、液晶解像度が、iPhone 3Gは480×320ピクセルで、iPhone 4は960×640ピクセルなので、iPhone 4の方が随分見やすくなりました。ちなみに、Xperiaは854×480ピクセル、iPadは768×1024ピクセルです。また、動作速度が随分違うようで、PC Onlineのトップページの表示に、iPhone 3Gは30秒近くかかりますが、他の3機種は数秒程度で表示できました
[画像のクリックで拡大表示]

写真4 写真の比較。左から「Xperia」「iPhone 3G」「iPhone 4」「iPad」。自然な発色なのは、iPhone 4とiPadだと感じました
[画像のクリックで拡大表示]

写真5 写真の比較を斜めから見た場合。左から「Xperia」「iPhone 3G」「iPhone 4」「iPad」。XperiaとiPhone 3Gは斜めから見ると、発色が悪くなる感じです
[画像のクリックで拡大表示]

 以上、Xperia、iPhone 3G、iPhone 4、iPadのバトルロワイヤルレビューでした。iPhone 4は、ちょっと見た感じでは以前のモデルとそんなに変わらないように見えますが、実際に使ってみると機能が大きくアップしており、快適に利用できました。イメージとしては、高速なiPadをそのまま小さく凝縮したような感じでした。

 iPhone 3G、iPhone 3GSから、さらに進化を遂げたiPhone 4は、とても魅力的なスマートフォンであることを再認識しました。店頭は品不足状態で残念ですが、多くのユーザーが手に入れられる状況になってほしいと願っています。