Fred Pohlが自分の自叙伝である「The Way the Future Was」の中で、1940年のニューヨークでの一夜の話を書いている。パリはドイツ国防軍の手に落ち、ドイツの兵士は勝利に湧きかえりながらシャンゼリゼを行進した。Fredのインテリの友人たち(エージェントやエディター)の1人が、「資本家階級に対する労働者の勝利」に乾杯しようと提案した。これは、ヒットラーとスターリン連合の時代のことだ。

 今月の本の1冊目は、Thomas Sowell著、「Intellectuals and Society」だ。この本はなぜこのような事が起こったのか、そして「著名な教授、才能のある詩人、有力なジャーナリストが、自分たちの才能の限りを尽くして、耳を傾ける人すべてに、現代の専制者は解放者であり、大局的に見れば、彼らの途方もない犯罪は高貴なものだったと確信させた」ことを解き明かそうとしている。

 私は常々Thomas Sowellは国宝だと思っている。Sowellはこう述べている。「この本は知識人に関する本だが、知識人のために書かれた本ではない。この本の目的は、重要な社会現象を理解できるようにして、得られた理解を、それを分かち合いたいと望む人々と共有することである」。もちろん、Sowellを読む場合、知識人であることは害にはならない。しかしそれは必要条件ではない。彼は明確な筆致で描き、その主題には興味をそそられる。なぜ、これほど多くの賢い人々が、これほど恐ろしい理念や行動を支持したのだろうか?これは単なる歴史でもない。知的愚行の最近の多くの例がある。重要な主題を論じるあらゆる本がそうであるように、これは軽い読み物ではない。しかし、Sowellの本はたいへん良いので、読みづらくはない。推薦する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら