5月28日に発売され、話題をさらっているiPad。画面に表示される押した感触のないオンスクリーンキーボードは、入力しにくいイメージがあるが、実際にはどうなのだろうか? 縦画面、横画面はもちろん、iPhoneのアプリを起動した場合の入力など、徹底的にレビューしてみた。ちなみに、原稿内でiPhoneと比較している個所があるが、「iPhone OS 3.X」との比較なので、次期OSの「iOS 4」では変わる可能性があることをご承知いただきたい。

図1 iPadをアップル純正のケースに入れると、ちょうどいい角度の傾斜が付く
[画像のクリックで拡大表示]

●iPadキーボードの3大特徴
・ホームポジションから移動せずに変換候補を選べる
・キーボードを手動で隠せる
・フリック入力が使えない

製品名iPad
メーカーアップル
キャリアソフトバンク(Wi-Fi+3Gモデル)
OSiPhone OS 3.2
入力タッチパネル
画面サイズ9.7型(1024×768ドット)
本体寸法W189.7×D13.4×H242.8mm
重さ680g(Wi-Fiモデル)、730g(Wi-Fi+3Gモデル)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら