写真/スタジオ・キャスパー
※実売価格は5月中旬調査時のもの
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は、いよいよ登場する注目のiPadを取り上げる。そもそも、iPadをパソコンのジャンルに含めてよいのかは、実に微妙だ。電子ブックリーダーに分類したとしても、間違ってはいないはずだ。もっとも、アップルはネットブック対抗として投入した側面もあるので、本コーナーでは、あくまでもパソコンとしての実力をチェックしていくことにしよう。

 iPadのOSは、iPhoneとほぼ共通で、パソコンとは全くの別物だ。考えてみれば、新しいOSを採用するコンピューターが、ヒット商品になるのは、相当に久しぶりのことだ。新しい製品に慣れているつもりの僕も、初めてiPadを手にしたときには、思わず興奮している自分に気づいたほどだ。

 機能や使い勝手に賛否両論があるものの、ここまで革新的な製品が登場するのは、10年に一度あるかないかの機会だ。購入の予定がない方も、その存在価値や、新しいデジタルツールとして定着するか、一緒に考えていただくと楽しいはずだ。2台目、3台目のパソコンとして購入に値するか否か、今月もじっくりと思案していこう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら