ソニーの「VAIO P」シリーズが新しくなり、外観が大きく変わった。ビビッドなカラーを採用し、ノートパソコンというよりは、ゲーム機のようでもある。以前のモデルは少し遅さが気になっただけに、CPU性能がアップして、使い勝手がどれほど変わったのか試してみたい。

図01 写真では少し白味がかって見えるが、実際は、よりはっきりしたオレンジだ
[画像のクリックで拡大表示]

●VAIO Pの3大特徴
・布を折りたたんだようなデザインとビビッドなカラー
・コンパクトなのに入力しやすいキーボード
・縦表示にもできる液晶で、縦長のページも見やすい

製品名VAIO P(VPCP119KJ)
メーカーソニー
OSWindows 7 Home Premium
画面サイズ8型ウルトラワイド(1600×768ドット)
CPUAtom Z530(1.60GHz)
メモリー2GB
SSD約64GB
入力タッチパネルほか
本体寸法約W245×H19.8×D12.0mm
重さ約619g
バッテリー駆動時間約5.5時間

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら