私はどうにかいろいろなWindows 7マシンにWindows XPをインストールしたところだ。それは特別難しくはなかったが、手間がかかった。まず、ダウンロードのページを見つけるのに苦闘する。Explorerを使うこと(Windowsに何かをインストールする場合、Firefoxや他のブラウザーではなくExplorerを使うのが常にベストだ)。そして挑戦を続ける。Windows 7にXPをインストールする方法を捜すには、Googleを使うこと(ExplorerのデフォルトはBingだ。これも便利だが、実に奇妙なことに、私はGoogleの方がMicrosoftのダウンロードサイトを見つけやすいことを発見した)。いろいろな場所にいろいろなページがあるだろうが、検索結果の順位が高いものはMicrosoftのダウンロードサイトヘ誘導するページではなかった。彼らは何かを売りつけようとしているのだろう。わざわざ確かめる気もなかったが。

 このテーマに関するMicrosoftのページは山のようにある。しかしMicrosoft Windowsの変更を安全にダウンロードしたければ、必ず本物のMicrosoftのサイトで処理をすること。これらは注意すべき事柄だ。ほとんどのMicrosoftのサイトは、システムとソフトウエアの互換性(例えば、Virtual XPをインストールして実行するには、Windows 7 Professional、Ultimate、Enterpriseのいずれかが必要であること)の情報を提供している。その多くは読む価値がある。次にダウンロードすべきプログラムを見つけるのにじりじりさせられる。つまり、Microsoftのサイトの多くは、あらゆる情報を提供しているが、探しているものがどこで手に入るかという情報はない。

 Eric Pobirsは私にこう言った。「XP Modeのコンポーネントは、正しい名称を使えば、割と簡単に見つかります。GoogleかBingのどちらかで検索すれば、直接そこに行くはずですよ」。私は彼が正しいと信じているが、私の経験ではそうではなかった。たぶん、私が検索エンジンのショートタグを見つける方法をマスターしていないからだろう。読者が私よりうまくやれることを祈っている。重要なポイントは、本物のMicrosoftのページを見つけたいということだ。そして私は、サードパーティー経由でなく、直接行かれるか非常に疑わしいと思っている。いずれにしろ、試し続けること。最終的にここを見つけるはずだ。必要なものはすべてここにある。システムに関する情報を入力すると、2個のダウンロードウインドウが現れる。1個はXPを、もう1個はVirtual Machineをダウンロードする。この順番で、まずXPを、それからVirtualのソフトウエアをダウンロードする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら