Googleニュースには、あまり知られていないオプションがある。これらを使いこなすと、各種のニュースがいろいろな角度から検索できるようになる。今回は2つほど紹介し、さらに最新のスター機能と関連付けてみよう。まず、ニュースソース指定オプションから。

 Googleニュースは、新聞社や報道社など各種ニュースソースからニュースを集め、重要性を評価し、分類・表示している。通常の表示や検索結果では、各種のニュースソースを混ぜているが、sourceオプションを付けると特定のニュースソースだけの表示になる。

 例えば、nikkei BPnetのニュースだけに絞り込みたいときは、"source:nikkei_BPnet"とする。ニュースソース名が英文字の時は半角スペースの部分を_(アンダーバー)に変更するほうがよい。このオプションに検索キーワードを組み合わせることもできる。

「温暖化」というキーワードと"source:nikkei_BPnet"でGoogleニュースを検索した。「温暖化」を含んだnikkei BPnetの記事だけに絞り込まれる
[画像のクリックで拡大表示]

日本版のGoogleニュースでも、"toyota source:washington_post"としてワシントンポスト紙の検索ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 ニュースソース指定ではこのほかに、"source:日経ビジネス オンライン"(この場合はアンダーバーを使わない)、"source:日本経済新聞"なども可能だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら