まもなく4月。入学式などフォーマルな機会にぴったりな着物。特別な時に着る着物だからこそ、履くものにもこだわりたい。しかし、「気にいったデザインがなかなか見つからない」「自分の足に合ったサイズがない」という悩みを持つ人も少なくないのではないだろうか。「ゆめ工房」は、2003年からインターネットを通じてさまざま「草履」や「下駄」を提供し続けている。中でも自分だけの草履をオリジナルで作ることができる「オーダー草履」に人気が集まっている。

 「日本の伝統を大切に残したい」。7年前、かつて着物のリサイクル業などに携わっていた同サイトの代表・半田智久さんがスタートさせたのが「ゆめ工房」だ。同社の草履は、日本でも数少なくなったという熟練した草履職人の手で、すべて一つひとつを手作業で作り上げる。

 最大の特徴は「鼻緒」。生地に「綿」を敷き詰め、筒状にして1本の鼻緒が作られる。綿の詰め具合次第で“履き心地”が決まると言われる鼻緒だが、それらの作業はすべて職人の勘だ。同社の鼻緒は、仕上がりの美しさだけでなく、履きやすさも追求。「疲れにくく、足指の間が痛くなりにくい」と顧客から評判を博している。

布だけでなく、バッグなどの皮製品を草履にリメイクできる。これは「あざらし」の毛皮を加工した草履。これだけの加工技術を持った草履職人は、日本でも数少ない。

子ども用着物から作られたもの。子どもの成長の記念にもなりそうだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら