今回は、アイ・オー・データ機器のPC用USB地デジチューナー「GV-MC7/HZ3」を取り上げる。

 GV-MC7/HZ3には、この手の製品に付きもののメーカー製の視聴/録画ソフトが付属しない。代わりに、Windows 7 Home Premium Edition以上に標準搭載されているマルチメディアコンテンツの視聴/管理ソフトである「Windows Media Center」を使う。VistaにもHome PremiumやUltimateにMedia Centerが含まれているが、こちらには非対応とし、完全にWindows 7専用にしたという思い切りの良い製品だ。

 Media Centerのテレビ機能はメーカー製ソフトと比べるとシンプルであまり注目されないが、実際使ってみると私のテレビ視聴用途には十分だったし、動作は軽快、安定度も高い印象を受けた。

GV-MC7/HZ3の本体。PCとの接続はUSB2.0。端子はミニサイズではなく、最近あまり見なくなった通常サイズのA端子
[画像のクリックで拡大表示]

 GV-MC7/HZ3はチューナーを地上デジタル放送のみとし、付属ソフトを省くことで小型、低価格にしている。本体は幅86×高さ29×奥行き52mm、重さは56gと小さい。7000~8000円台で購入できることも含め、手軽な製品に仕上がっている。

iPhoneと比べると、GV-MC7/HZ3の小ささが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら