Vistaを持っているなら、Windows 7にアップグレードした方がよい。それは必要不可欠というわけではない。Microsoftは昨年の夏にVistaが非常に良好に動作するようにしたが、Windows 7はほとんどの新しいマシンに搭載されて出荷されていて、新しいアプリケーションはほぼWindows 7向けに書かれることになる。Windows 7のインタフェースはVistaよりMacによく似た感じになって、私の経験からすると、理解や使い方が非常に簡単になった。私の妻は、Windows 7はとても直観的だと言っている。

 画面の下の表示はかなり変わった。どれも良い方に変わったが、慣れる必要がある。右下に「Notification Area」がある。どのように機能するかを理解するには少しいじりまわさなければならないが、難しくはない。

 私は左下の部分が大きく変わった点が特に気に入っている。以前ここには「Quick Launch」領域と呼ばれるものがあって、その左に「The Tray」があった。以前は、その「The Tray」の部分にショートカットをドラッグして入れるようになっていた。今は、右クリックして「Pin to Task Bar」を選ぶ。すると実際のライブオブジェクトが作成できる。それは、Macの「Dock」にとてもよく似ていて、実際にはもっと使いやすい。使ってみれば分かるだろう。包含して拡大するとはこういうことだ…。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら