前回はiTunesの表示に必要なアートワークを取得するツールを紹介したので、今回は歌詞の取得ツールをご紹介しよう。「Lyrics Master」である。

 iPod nanoやiPod touchでは再生中に歌詞を表示できるが、そのためには事前にiTunesで歌詞データを取得しておかなければならない。

 Lyrics Masterは歌詞データベースから、再生中の歌詞を取得し、iTunesに設定するアップルスクリプトだ。

 iTunesで曲の再生中にアップルスクリプトから「再生中の曲の歌詞を検索」を選ぶと、複数のデータベースからデータを検索してくれる。あとはダウンロードして、iTunesに設定するだけだ。

 歌詞がiTunesに入ったかどうかは、「情報を見る」([command]+[I])で曲情報を表示し、歌詞のタブをみると確認できる。

Lyrics Masterをインストールすると、iTunesの「アップルスクリプト」メニューに機能が表示される。初回は「Lyrics Masterを起動」を実行して、初期設定を行う
[画像のクリックで拡大表示]

見つかった歌詞をダウンロードして、iTunesに適用すると、曲の「情報を見る」ことで歌詞が取り込まれたかどうかが分かる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら