印刷用文書ファイルとして普及しているPDF(Portable Document Format)ファイルだが、印刷状態のレイアウトをパソコン画面で閲覧するには、アドビシステムズが無償で配布するAdobe Readerを入手する必要がある。無料なので多くのパソコンにプリインストールされているが、アプリケーションとしてはそれほど軽快とは言い難い。特に、WebページのリンクからPDFファイルを開くときは、ブラウザー中にAdobe Readerを組み込むので、やや手間取る。エラーも起こりやすい。ところが、Googleドキュメントを応用すると、Acrobat ReaderなしでもPDFファイルが見られるようになる。

 実際にインターネット上に公開されているPDFファイルを閲覧してみよう。PDFファイルの閲覧が必要になるのは、グラフや表など文字だけではわかりづらい情報を探すときだ。GoogleでPDFファイルを検索するには、検索用のキーワードに加えて「filetype:pdf」とするとよい。

図01 交通事故の死亡者数の図表データを総務省のサイトから探すために、「交通事故 死亡者数 総務省 filetype:pdf」で検索してみる。

図02 検索結果のPDFファイルがリストで表示される。PDFのリンクをクリックしてみる。

 GoogleでPDFファイルのリンクをクリックすると、すでにパソコンにAdobe Readerがインストールされているなら、ブラウザーの中にAdobe Readerが読み込まれてから表示される。表示まではやや時間がかかる。

図03 ブラウザーの中のAdobe ReaderにPDF形式の文書が表示される。

 Adobe ReaderなしでPDFファイルを閲覧するにはどうしたらよいのか。まず、PDFファイルのリンク先をコピーしておく。

図04 PDFファイルのリンク先を右クリックメニューの「リンクアドレスをコピー」でコピーしておく。なお、ブラウザーによってはメニュー表示が異なっている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら