筆者の場合、Googleドキュメントは、メールでもらったWord文書やExcel文書を読むために使うことが多い。

 開けるものはたいていGoogleドキュメントで開いてしまうので、だんだんファイルが溜まってくる。

 そこで、今回は最近追加されたフォルダー機能を試してみたい。

 Googleドキュメントの左側には「新規作成」と「アップロード」のボタンがあり、その下にデフォルトで装備されている分類が並んでいる。

 「すべてのアイテム」で全部のファイル、「自分がオーナー」で自分が作ったかアップロードしたファイル、「自分が開いたファイル」で既読のファイル、「共有アイテム」で誰かと共有しているファイル、「スター付き」でスターを付けたファイル、「ゴミ箱」で削除したファイルを表示させることができる。

 さらに、種類別では、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、その他のファイルだけを表示できる。

図1 デフォルトの分類だけでも目的のファイルを見つけるのに役立つ。それでも見つからない時はドキュメント検索を利用する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら