制作に必要なものを用意する

 Webページの正体は、基本的には、「.html」という拡張子の付いたテキストファイルです。そして、このテキストファイルを「HTMLファイル」と呼びますが、その内容は文字の羅列に過ぎません。

 しかし、だからといって、Webページは文字情報だけしか表示できない……ことはないのは、今さら説明不要ですね。画像や音楽、動画など、さまざまなコンテンツをWebページ内に表示・動作させることができます。HTMLファイルの中に、これらの読み込み指定を書くことで、表示内容を実現しているのです。

 なので、画像や音楽、動画そのものを作成・編集するソフトを除いては、純粋にWebページを制作するために不可欠なのは、テキストファイルを作成する「テキストエディター」だけです。

 テキストエディターはフリーウエアで構いません。ただし、ファイルを保存する際に、Webページを配信するためのサーバーの設定によって変える必要がある文字コードと改行コードを選べるものが望ましいです。その点で、Windowsに付属の「メモ帳」や「ワードパッド」は、HTML制作には向いていません。Vectorなどで入手できる「MKEditor」「Apsaly」「Mery」などが良いかと思います。

 ちなみに、HTML制作というと、アドビシステムズの「DREAMWEAVER」などの定番の高機能ソフトもあります。しかし、それを使ったからといって、HTMLの知識が不要になるわけではありません。結局、DREAMWEAVERの使い方と、HTMLの知識の両方を覚えることになってしまいます。

 なので、最初はテキストエディターを使って、HTMLを先に身に付けてしまいましょう。また、そのほうが最終的には、DREAMWEAVERを早く覚えられ、効果的に使いこなせるようになると思います。

HTMLファイルをWebブラウザーで表示したところ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら