みなさん、モバイルしていますか? 2010年もモバイル業界が盛り上がることを期待したいと思っていますので、「モバイルライフ応援日記」もよろしくお願いします。さて、今回は、2010年1月28日発売予定のWILLCOMの新しいスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」のレビューです。

 「HYBRID W-ZERO3」の特徴は、史上初めてW-SIMと3G SIMが併用できる画期的な端末だということです。3G SIMは、通信のみの利用となりますが、何とSIMフリーになっています。日本国内端末としては、有り得ない仕様となっており、話題になっています。さらに、GSM対応のW-SIMを挿して、GSM SIMを挿すと、GSMで通話と通信ができてしまいます。

 そのハードウエアの特徴の影に隠れて地味ではありますが、ユーザーインタフェースも大きく変わっています。HYBRID W-ZERO3はWindows Mobile 6.5 Professinalを搭載していますが、Today画面はウィルコムオリジナルの「WILLCOM UI」が初期状態となっています。このWILLCOM UIは、今までのW-ZERO3シリーズのTodayアイテムとは違い、トータルで電話機のようにスマートフォンが活用できるように工夫されています。

 カスタマイズ中心に利用するユーザーは、従来のTodayを利用すると思いますが、スマートフォン初心者にとって、このWILLCOM UIは、とても扱いやすいインタフェースに感じました。Windows Mobile特有の複雑なメニュー構成を触ることなく、WILLCOM UIのみで、操作を完結することが可能です。

 それでは、画面キャプチャで、WILLCOM UIをご紹介しましょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら