グーグルは2009年12月3日、突然「Google日本語入力」のベータ版を公開した。Windows版だけでなく、Mac版もある。Windowsに標準添付のMS IMEや、市販品であるジャストシステムのATOKのように日本語入力を補助する機能で、通常ローマ字やひらがなで入力した日本語を漢字混じりの日本語に変換する。

図01 Google日本語入力は入力時点で変換候補を表示する「サジェスト機能」を備える

図02 通常の漢字変換も行う

図03 Google日本語入力についての表示
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、日本のパソコン環境では高性能な日本語入力が期待されている。象徴的なのは、かつてマイクロソフト会長だった古川享氏の指摘だ。やや特殊な環境下での不都合もあるが、日本語変換の問題に困惑したようすがうかがえる。全体的にもWindowsパソコンではMS IMEの性能が落ちていると言われている。そこへ突然、Googleの日本語入力が登場した。性能はどうか。一言で言えば、スゴイ。現状ベータ版であるが文章を執筆するのに十分な実用レベルにある。

 Google日本語入力は日本におけるGoogleクラウド戦略で決定的な意味を持つだろう。脱マイクロソフトとも言われるGoogleのクラウド戦略では、GmailやGoogleドキュメントなどのWebアプリケーションや、それらを快適に実現するための専用ブラウザーChromeのリリース、さらにOSまでChrome OS実現の予定を打ち出してきた。オールラウンドに日本のIT環境を包囲する戦略のなかで、唯一欠けていると見られていたのが日本語入力の機能だった。それが、今回Google日本語入力の登場で最大の弱点が補われたことになる。Chrome OSにChromeブラウザー、そしてGoogle日本語入力が備われば、オフィスから家庭までパソコンのニーズがカバーするネットブックが1万円を割る価格帯で登場しても不思議ではなくなった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら