Google Gearsの開発が停止される。

 2009年11月30日(米国時間)、ロサンゼルスタイムスの報道でWeb界に激震が走った。クラウドの中心となるWebアプリケーションのオフラインサービスはどうなってしまうのか。結論から言えば、Google Gears開発は停止されるもののサポートは継続される。代わりに利便性の点でGoogle Gearsを上回るHTML5の機能に統合されることになる。

 驚きが収まればGoogle Gears開発停止は必然の流れだったとわかる。それには、そもそもなぜGoogle Gearsが必要だったのかという点から振り返ってみよう。Google Gearsは、メールサービスのGmail、ワープロや表計算ソフトサービスのGoogleドキュメントなどWebアプリケーションをオフラインでも利用するための仕組みだ。

 Webアプリケーションは、インターネットに接続できる環境でブラウザーがあれば利用できる。パッケージのソフトを購入しパソコンにインストールする必要はない。サービスを提供するアプリケーションはGoogleセンターのコンピューター内にあるが、利用者からすればインターネットという雲(クラウド)につながっていればサービスが提供されるように見える。だから、クラウドサービスと呼ばれる。欠点は当然、インターネットにつながっていないときには利用できないということだ。受信しておいたメールも読むこともできないし、アプリケーションも利用できない。

図01 クラウドでは、各種アプリケーションはインターネットを通してブラウザーで利用する

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら