「スランケット」(直販価格:4800円)の着用例。サイズは縦168×横147cm。テレビを見たり、読書をしたりなど、1カ所にジッとして作業するときに便利な防寒グッズだ。カラーは、写真のレッドのほか、モスグリーン、イエロー、ネイビー、ラベンダーピンクがある

 朝晩の冷え込みが厳しい時期になってきた。身体が温度変化に慣れていない冬の走りは、いつも以上に寒さが身に染みる。なぜ、そんなに敏感なのかというと、仕事部屋が寒いからにほかならない。元々北向きの部屋。しかも、少々古いマンションとあって驚くほど冷気が流れ込む。朝、夜はもちろん、昼間だって冷気に覆われているのだ。暑い部屋より、寒い部屋の方が仕事に身は入る……と思ってガマンしているが、それにも限度はある。

 とくに辛いのは、デスクワークをしているときだ。イスに座って何時間も原稿を書くわけだが、どんどん冷気が体温を奪っていく。足の指先、ふくらはぎ、ふとももへ寒さが伝わってきて、思わずブルッと震えるのだ。

 昔から頭寒足熱が理想とされているが、この仕事部屋は“頭寒足寒”である。当然、寒さの限度を超えれば暖房を入れて対処するのだが、空気は乾燥するし、電気代もかかる。毎日のことだから馬鹿にならず、暖房を使わない時間を少しでも長くしたいと思ってきた。

 今冬こそ、積年の不満を解決しようと「Slanket(スランケット)」という防寒グッズを購入してみた。このスランケット、見た目からして何ともユニークな品である。

使わないときは、折りたたんで専用ケースに収納。クッション感覚で部屋に置いておける

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら