Twilog(ropross.net)

つぶやきをまとめて見られたらどんなに便利か

 最近何かと話題のつぶやきコミュニケーション「Twitter」。さかんにつぶやいている人も多いと思う。

 筆者もさかんにつぶやいていて、まあ普通はつぶやきがどんどん流れていってしまうもの、と思っている。だが、やはりいつどんなことをつぶやいていたり、Twitter友達相手にどんなやりとりがあったか、過去の記録を見てみたいな、と思うことがある。まあ、自分のつぶやきに関してもその思いが大きいが、たとえばほかの人のことも、今までどんなことをつぶやいてきたのか、見てみたいことがある。

 そんなときには、twitter.comで、各ユーザーのページ(http://twitter.com/ユーザー名)を見てみるのが普通だが、これは1ページに表示できるつぶやきの数も限られているし、過去をたどるには「もっと読む」などをクリックしていかなければならず、これはあまりにも大変だし、つぶやきが多い人などはそうやってたどるのは事実上困難。

 というわけで、過去のつぶやきをわかりやすく管理できるサービス「Twilog」を今日は紹介しよう。これがあれば過去のつぶやきを効率よく調べたり、眺めたりが可能。トップページの説明はこんな感じだ。

「Twilog」(ついろぐ)はTwitterのつぶやきをブログ形式で保存するサービスです。


・登録すると、つぶやきのログを自動的に記録します
・記録したログはブログ形式で閲覧できます
・つぶやきの検索やHTMLソースの取得も可能
・パスワード不要で簡単に登録できます

図01 「Twilog」(ついろぐ)のトップページ
[画像のクリックで拡大表示]

 おおよそはこんなところだが、この説明の「サンプル」や「もっと詳しく」をクリックすると、さらに詳しく知ることができるので、参考にしよう。

 そんな感じで、つぶやきが自分のブログ代わりになるこの「Twilog」、便利に使いこなしてみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら