「たった1本の罫線が、どうやっても消せません。一体、どうすればいいのでしょう」

 これまで、何度同じ質問を受けたことだろう。この"消せない罫線"の問題は、本コラムでも掲載したことがあるし、私が主宰するExcel掲示板でも再三にわたって取り上げている。しかし、質問は一向に減らない。それどころか、増えている印象すら受ける。そこで、今回はこのテーマを再度取り上げようと思う。大切なことは何度でも説明する─。それが筆者の信条だからである。

[画像のクリックで拡大表示]

セルの書式設定を開いても罫線が引かれてない!

 上図をご覧いただきたい。シートの中に1本線がある。これを削除するには2つの方法がある。

 1つは、ツールバーの「罫線」ボタンで消す方法だ。罫線を選択してから、ツールバーにある「罫線」ボタンをクリック。開いたリストから「枠なし」を選ぶ。もう1つは、書式設定の画面で消す方法だ。罫線を選択して右クリックし、開いたメニューで「セルの書式設定」を選択。この画面で「罫線」タブを開き、「なし」ボタンを押す。

 通常はこれで解決するが、それでも罫線が消えないことがある。その場合、2つの原因が考えられる。1つは、見かけが罫線でありながら、実体は図形やグラフである場合だ。「なぜそんなことが?」と疑問に思うかもしれないが、こうした珍現象が起こるのには、それなりのワケがある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら