Windows 7が10月22日に発売されてから約1週間を経過した。

 滑り出しは極めて好調で、パッケージの販売数量は、Windows Vistaの発売時に比べて、1.91倍になったというデータも発表されている。

 すでにWindows 7をインストールしたり、Windows 7搭載パソコンを購入したという読者もいるだろう。

 この初速の勢いがどこまで続くのか、業界関係者は大きな期待を寄せている。

 ところで、取材をするなかで、マイクロソフトが発売にあわせて、様々なWindows 7グッズを用意していることがわかった。しかも、日本法人独自で製作したものも少なくない。

 この際なので、どんなWindows 7グッズがあるのかを追っかけてみた。

まずはWindows 7特製モバイルPCバッグ。オンラインサイトで予約した人のなかで抽選で777名にプレゼントされた貴重なグッズ。取っての部分が「7」という文字になっている
[画像のクリックで拡大表示]

一番ポピュラーなのがこの紙袋。発売前に、樋口泰行社長以下、マイクロソフト社員全員で、このバックを持ち歩こうというキャンペーンを行っていた
[画像のクリックで拡大表示]

10月24、25日の秋葉原で開催されたセブン博で配布されたバッグ。イベントなどではこのバッグが使われる
[画像のクリックで拡大表示]

Windows 7のロゴ入りレポードパッド。Windows Server 2008 R2のロゴも入る
[画像のクリックで拡大表示]

貴重品といえばこれ。米マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOのサイン入りWindows 7 Ultimateだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら