Windows 7で楽しみな機能の1つに、Vistaで搭載されたガジェット機能の強化が挙げられます。今回は、簡単なガジェットを自作し、ガジェットから自作プログラムを実行するランチャーを作ってみます。Windowsサイドバーガジェットは非常に自由度が高いので、Windows 7を待たず既にVistaを利用している方も挑戦してみてください。

なでしこプログラムを実行するガジェット

 HTMLの知識があれば、Windowsガジェットを作るのは簡単です。基本的には、ガジェット保存フォルダにフォルダを作り、そこに設定ファイルと本体ファイルをコピーするだけで完成させることができるのです。

 今回は、なでしこの挨拶プログラムを実行するランチャーをガジェットととして作ってみます。ガジェットを表示しておいて、「挨拶を起動」というボタンをクリックすると、なでしこの挨拶プログラムが実行されます。

今回作るガジェット
[画像のクリックで拡大表示]

※今回作るプログラム(ガジェット)は、Windows 7とVistaに対応しています。

 以下の手順を追って作業すれば、ガジェットが完成します。

手順1:ガジェット保存フォルダを開く

 ガジェットの保存フォルダは、以下になります。エクスプローラーを起動して、アドレスバーに、以下のパスを入力すると、ガジェットフォルダが開きます。

- ガジェットの保存フォルダ
- %localappdata%\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら